【ペパクラ】Lotus97t 製作記_

2011年10月27日 (木)

【Lotus97t 製作記⑧】~完成~

どうにか日曜の夜中に完成させました・・・sweat02

最後はもうちょっと余裕持って完成させたかったですね。。。

結局、ディスプレイは凝る事が出来ずに普通に台座へマグネット固定。

15

ElioのImola仕様。Prostの車重規定違反による後日繰上げでしたが、彼のキャリアで最後の優勝でした。

13

SennaのPortuguese仕様。こちらは彼の輝かしいキャリアの幕開けを象徴する、雨の中の圧倒的な勝利でした。

考えてみるとこの97tって両者の光と影を背負ったマシンだったですね。。。

さて、製作にいつもどおり時間が掛かったのはやっぱり、細部の作り込みに拘ってしまったこと。

07

タイヤ。サイドウォールに書き込みをしてみたり・・・、

06

コクピット。いつもの如く、インパネ、シフトノブ、ハーネス等、かなりのパーツ割。。。

05

勿論ミラーは鏡面仕上げで映り込みします。。。

そうでなくてもターニングベインやウィングレット等、80年代のマシンにしては意外と細かい空力パーツが多い97t、これでは遅くなるわけでして。。。sweat02

しかし、#12のSenna車に作品を発送後重大なミスを発見annoy

14

お気づきでしょうか・・・?

そうです。

レインタイヤのパターンが4輪中3輪逆に取り付けてたことが判明・・・

これじゃあ、野球やってて打ったバッターが3塁から2塁1塁って逆走に気付かず、ホームベース手前でやっと逆そうに気付く様なもんです(例えが悪いか・・・sweat02crying

この#12はいつか再製作しますdash ミスした自分に納得いかず。。。

いづれにせよ、お台場MSJではこの97tを展示予定ですので、是非是非観に来てください!

当日はjkも現地に参加してますので、もし、普段プチF製作を楽しまれている方や、これから製作してみたいって思っている方等、気軽に声掛けてください。

| | コメント (0)

2011年10月23日 (日)

【Lotus97t 製作記⑦】

土曜のうちには完成に至らず。。。

06 04 05

AM02:00まで作業も、あと一息のところまできたので、取りあえず夜食喰って仮眠して、作業再開する予定です。

チビjkが親戚の家へ泊まりに行ってしまったので、明日の野球観戦は無し。

明日(今日か。。)AMには作業終わらせないと・・・sweat02

頑張ろーっとrock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月22日 (土)

【Lotus97t 製作記⑥】

この週末で完成させないといけませんdash

でも、神宮へ立教の応援へも行きたい!

頑張らねば。。。sweat02

先週末からの進捗。Week Dayに少しづつコツコツと作業を続け、昨夜は明け方近くまで作業。仮眠とって今朝6時過ぎから作業再開。

03

大分形になってきていますgood

02

コックピットはステアリング以外は完成。今回もちゃんとシフトリンケージやシフトノブを再現してあります。

描き忘れた細かいパーツを準備しつつ、タイヤを製作中。

ポルトガル用のレインタイヤとイモラ用のスリックタイヤの合計8本。今日のAMまでにこのタイヤが組み上がれば、かなりその後の製作が楽になりそうです。

完成後のディスプレイにアイデア有るも、時間が有るかどうか悩ましいところ・・・typhoon

進捗遅いのに欲張って仕様違いの2台製作しているのが、そもそもこの状況を招いてるんですけどね。。。sweat02

しかし今年1年、【黒い】Lotusばかり製作してきたjk。この黒地に金のカラーはホント魅力的です。

来年は【赤い】マシンに拘ってみたいな~とボンヤリ考えてます。

とにかく今日1日頑張って何とか終わらせて、明日はチビと野球観戦だ!!punchbaseball

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

【Lotus97t 製作記⑤】

ちょっと根気詰めすぎて疲れ気味です。

今日はもう作業おしまい。 面白いTV番組も有りそうなんでのんびりと夜を過ごして早めに寝ようかと思ってます。

昨日からの作業の進捗。

11

例によってシートベルトを赤のサテンリボンで製作、取り付け。

黒いボディ色に赤のハーネスが映えて美しいアクセントになりそうですgood

サスアームの製作、そしてタイヤの製作に突入。

なんとか来週末で完成までいけそうですscissors

インパネも製作中。

インパネは4層構造のパーツ割りにしてとして立体感を出すつもりなのですが、

前回の72dと同じくメーターパネルのガラス表現の工作をしました。

その工程を簡単に紹介します。

先ずメーターの部分の直径に合わせた1mm弱幅の輪を作って、接着。

02 01

接着後の輪の中に水性ボンドを盛ります。

03

作例では【コニシボンド】を使用。
他社を比較検討した訳ではないのですが、100均のボンドよりも乾燥後の透明度があります。

乾燥して透明になると。。。

04

この様にガラス面のようになります。

ハッキリ云って、コックピットに組んでしまえば完成したマシンを手に取って覗き込まないと判らないディテイルUPなんですけどね。。。sweat02

| | コメント (0)

2011年10月15日 (土)

【Lotus97t 製作記④】

 大分捗ってきました。

04

大まかなパーツは大体組みあがり、細かいパーツの切り取り&組立てに入っています。

細かいパーツの組立てが結構時間が掛かるのですが・・・sweat02

各パーツが組みあがれば、後は楽しい最終アッセンブリーの工程に入るので、今が辛抱どころですdash

傍らに実車の資料写真と模型専門誌の特集記事。

05

特にこの【F1MODERING】の97t特集号は役に立っていますgood

また、本製作とはいえ製作中に気になる点は修正や検討もします。

10

これはアンダートレイの形状を再検討し、ホワイトモデルで試作したもの。もう一つ別の形状を同じくホワイトモデルで試作しており、2つのオプションから最終的に本製作用に決めようと思ってます(そんな余裕あんのか!?sweat02)。

97tの製作に勤しむjkの傍らで同じく猛烈なスピードでメット製作に没頭するチビjkdash

09

「あ~、お台場まであと日にちが無いな~。もっと早く準備しとけば良かった。」

「???」

鈴鹿から帰ってきたjkの作品を見て自分も作品を!と考えたらしいのです(笑)。そして彼が選んだアイテムがMETMANIAさんのメット。

今日だけで既に6個製作(18時30分現在)

08

これはその1部。そして更に7個目に突入していますsweat02 彼のデスクには製作予定のチェックリストがちゃっかり(笑)

今日の彼の一連の製作でとても興味深いことに気付かされました。

<その1>
 使用する紙はフォトマット紙等のMETMANIAさん奨励紙よりも画用紙の方が子供(特に低学年)には馴染み易いこと。

 コシのあるマット紙よりも、画用紙は適度に柔らかく糊の喰いつきが良い分、圧着にそれ程の力を使わない。
 普段の授業で馴染みのある素材であるが故、切る、折る、貼る、の工程が違和感無く進められるようです。 これは実際にチビにヒヤリングしてみて判った事。

実際、jkも初期の試作には白画用紙使います。やはり糊の喰いつきが良いのと厚みの割には柔らかいので組立てが早く進むからです。

<その2>
展開図のりしろに組立て番号を振ると子供には製作し易いらしい。

鈴鹿で配布された展開図を見て気づきました!

子供にとってインスト見ながらの作業はとてもしんどいようです。作業している対象から視点が他に行くのがどうやら嫌なようなのですね。
 そういえば小さい頃ってプラモデル作るとき説明書見るの面倒くさかったですよね?早く組み上げたい気持ちが勝って組立図なんか見る暇無かった・・・笑。

逆に糊代が採番されていると、組み立てているそのものに集中して作業を行えるので子供にとっては良いようなのです(ま、人それぞれだと思いますが・・・)。

今日だけで7つもメットを製作しているチビjk。実は上記の2点が大いにその製作スピードを上げたようです。従って印刷は画用紙、そしてのりしろにjkが番号を振ってからチビに展開図を与えています。

06

常々このBlogでもお伝えしていますが、このMETMANIAさんのメットの展開図は「切る、折る、貼る」の基本を学ぶのにはとても有効です。
 また、その3つの基本作業のレベルを完成した作品の完成度で実に如実に現わしてくれる為、作品の節目や、ちょっと製作の期間が空いた時にjkも組み立てて自分のスキルチェックをしています。

 製作時間も20~30分程度で完成できますので、「これからペパクラに挑戦したいけど、上手く出来るかな~」なんて不安を持っている方にはお勧めgood
 またjkの様に小さい子供の「切る、折る、貼る」という工作に「教材」として最適です。

| | コメント (2)

2011年10月13日 (木)

【Lotus97t 製作記③】

好評のうちに終了することが出来た鈴鹿での展示scissors

会場に参加することは出来ませんでしたが、作品を提供出来て、そしてそれを多くの方に観て貰えたことを光栄に思っています。

ありがとうございました。

GP後、このBlogへのアクセスも急激に増えてまして・・・。会場で実際にご覧になった方がこのBlogへ来て頂いているのかな。

さて、その日本GPの興奮も覚めやらぬまま、次のMSJに向けて製作を開始ですdash

100tと97t。しかし100tはMSJへの出品を取り止めました。

自分の思う100tの形状に近付けず、もっとじっくりと取り組む必要があるからです。

従って97tの製作に専念しますdash

02 02_2

そしてこちらは試作の役目を終えて分解・考察中のもの

03

一応製作目標数としては#11、#12の2台。エリオ車とセナ車ですね。各車仕様は変えてみようと思っています。

前回の72Dのときもそうでしたが、黒いマシンの製作はとても気を遣います。

一番気を遣うポイントは手垢や指紋・・・sweat02

黒だけについ製作に夢中になってパーツを強く摘んだりすると直ぐに指紋が付いたり、R付ける為に手のひらでグリグリすると手垢が薄っすら付いたり・・・。
それ以外にも、糊のはみ出しもとても目立ちます。

細心の注意を払って製作するだけに神経遣います。

jkはウェットティッシュを傍らに置き、頻繁に手を拭きながら作業します。黒い作品だけですけどね、ここまでするのは。。。

とにかくこのマシンは早めに仕上げて、ディスプレイにも拘ってみたいと思ってます。

製作記も順次更新しますので、ご興味ある方は今後も進捗をこのBlogでチェックしてみてください!

そして完成品を是非お台場のMSJへ観に来てください!

Kmp3http://www25.tok2.com/home/vector/

23460 http://www.motorsport-japan.com/

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

【Lotus97t 製作記②】

97tの製作記を新しいカテゴライズしました。

先週末はTOEICの受験してたりといろいろ忙しく、この連休で97t、100tの試作を全て終わりにしてしまいたいと思っていたのですが、今日19日昼現在97tの試作もFinish出来てません・・・sweat02 自分の計画に相当なBehindです。

連休といっても家族との時間もありますもんね、、、。特に先週からは6大学野球の秋季大会も始まったので、連休の土日はチビjkと神宮へ立教大学の応援へimpact

あまりの暑さと日差しでjk、もともと地黒ですが、更に日焼けで真っ黒です。。。

さて、その真っ黒な97t、試作の3回目です。2回目の記事では「1回目から10ヶ所修正」と述べましたが、3回目に至っては結構突き詰めた為に25箇所も修正sweat02 工期の大きな遅延要因となっています。。

02

レインタイヤも描いてもみました。

01

2回目では省略したラジエーターやサスアーム、ディフレクター等の細かい部分もデザインしました。

08 09

タイヤは完全に装着していませんが、大体の形を把握するために組立ててみました。

Rウィングの高さ、角度がイマイチangry その他Rロアアームの取り付け位置がずれていたりと、修正箇所をメモしていったら約15箇所。。。down

間に合うかな・・・sweat02sweat02 100tはBodyの形状チェックまでは完了しているので、アームとウィングのデザイン程度ですむ予定ですが。。。

とにかく進むしかないdashpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)