【ペパクラ】Lotus72D製作記

2011年10月 5日 (水)

【Lotus72D 製作記②】

完成しました~scissors

先ず、始めに製作当初から資料の提供やアドバイスを下さったnamoonさんのご協力に感謝いたします。

ありがとうございました。

そして、Cothworth DFVとFirestoneタイヤをご提供くださったイチヤマさん、イチヤマさんのご支援無くしてこの72Dの完成は有り得ませんでした。

本当にありがとうございました。

思えば去年の年末に新宿でKyojiさんと3人でお台場打ち上げ飲み会をやったのが事の始まり・・・beer

「黒い72Dがとても気になる・・・」 「やっぱカッコいいよねsun

「作ってみよ~か!!」 というような感じで盛り上がり製作を決意rock

それから約10ヶ月、鈴鹿への展示に間に合わすべく、この2週間は寝る時間を削って製作し、週末は徹夜して仕上げました。。。
鈴鹿へ向けて昨日4日に発送wobbly

01 29

1台はHG仕様、もう1台はカウルを装着した状態のもの。

HG Ver.はコックピット内とフットボックス等出来る限り、且、あまりごちゃごちゃし過ぎない程度に創りこんでいます。

14

「紙」という素材になるべく拘りました。紙以外に使用した素材はハーネスのサテンリボンと、ステアリングロッドの真鍮パイプ、計器版裏の配線の凧糸と塩ビパイプ。

70年代のマシンは素材がアルミ中心なので、今のカーボンだらけのマシンに比べてメカメカしく、金属質が当時のレーシングカーの危険な魅力を際立たせます。
製作にあたり、アルミの部分は印刷での表現よりはペイントで表現することに重点を置きました。
筆ポスカのシルバーを使用しています。
程よい発色でアルミっぽくてGoodgood

フットボックスの中はアクセル、ブレーキ、クラッチペダルも再現。ステアリングロッド、ブレーキフルードのリザーバータンクも勿論再現scissors

乾くと透明になる特性を利用し、メーターパネルはボンドを盛り付けてガラス表現をしてみました。
45 40

ステアリングは4枚重ねして厚みを出します。
41

ミラーは勿論鏡面仕上げ。
43  

インボードブレーキが売りのマシンだけに、ブレーキディスクは立体的に作ってみました。

44

その他消火器を製作等、いろいろと創りこんでいます。
いつもの通りかなりのパーツ数に及び、最終組立てと仕上げに予想以上に時間が掛かりました~sweat02

FullCowl状態のマシンです。

35

シートベルトなど抑えるポイントはこちらもHG同様に表現しています。

この2作品は鈴鹿で展示されますので、今年の日本GPにお越しの方は是非METMANIA【紙で作るモータースポーツの世界】へお越しください。

jkのこれまでの作品、Ferrari156/85等も展示予定になっていますscissors

http://www25.tok2.com/home/vector/

さて、次はお台場MSJでの展示

いよいよコイツを新作として展示予定dash

01_3

そして100tも。。。

頑張ります!! 

| | コメント (2)

2011年9月28日 (水)

【Lotus72D 製作記①】

先日お伝えした鈴鹿でのF-1日本GPとお台場MSJでの展示に向けて製作を進めていますが、今手掛けているLotus72DはこのBlogの中で新しくカテゴライズしました。

で、本製作中なのですが、ハッキリ云ってかなり押してます。。。sweat02

寝る時間を削っての製作。

01

この72Dは鈴鹿に間に合わせることは可能です。

当初は最近同時で進めていた97tと100tも鈴鹿行きを考えていましたが、かなりクリティカルな状況になってきています。。。

しかしながら、97tと100tの鈴鹿展示を希望されている方もいるので、何とか間に合うように頑張ってはいるのですが。。。sweat02

スピードよりもクオリティを優先してしまうjk。前回の鈴鹿で出品したMP4/5も、製作スピードを重視しクオリティを落とした結果、チビjkにそのクオリティを指摘されるという「オチ」が付きました・・・笑。 この指摘は結構ショックでした。。。

今回の作品も当然彼は見ており(基本的に製作したマシンは最終的にチビjkに納品されます)、そして時折そのクオリティをチェックするチビjk。。。

ま、話はちょっと逸れましたが、とにかく頑張るしかないですね dashrock

http://www25.tok2.com/home/vector/

| | コメント (5)