【ペパクラ】Ferrari 248F1製作記

2011年9月 3日 (土)

【Ferrari 248 F1 製作記⑬】

少し更新空きましたが何もしていなかったわけでなく、製作は進めてまして、更新して無かっただけでした。

製作も先週からは鈴鹿&MSJと同時進行になりましたdash
鈴鹿&MSJの製作のほうはまた別項で。。。paper

248の方はタイヤ製作へ入りますscissors 

今回は約1/32のプチFとは違い、大スケール(と云っても1/20に縮小してますが)なので、丁寧に仕上げたい。

以前の記事でも述べましたが、Open Wheelのモデルはタイヤの出来の良し悪しが、完成度に大きく影響します。

この時代のタイヤの特徴でもある【Groove】=溝を再現してみます。

先ずはGrooveの部分を切り取り、

04

少し丸くクセを付けておきます。
03

あとは慎重にパーツを貼り付けて行きます。結構神経使います。

02 01

嘗てMETMANIAさんの【PAPERMODELING】のコーナーでijoyさんがFW26のタイヤトレッドのグルーブを表現されていて、さらにパーツ分割も工夫されていて、その完成度の高さと作品の美しさにとても衝撃を受けました。

今回の248も綺麗にタイヤを仕上げていきたいと思ってます。

タイヤの完成の記事は次回以降で・・・paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月21日 (日)

【Ferrari 248 F1 製作記⑫】

今日の進捗です。

カウル上のエアロパーツを製作。

12

資料を見ながらIMOLA仕様のウィングレットの翼端版を製作。

ちなみにこれがオリジナル

11

オリジナルと比べてIMOLA仕様は【FIAT】の文字の下の形状が丸くなっています。

次にその上のウィングレット。

13 14

左はオリジナル、右がIMOLA仕様。
この部分は資料に乏しく完全に仕様を把握することが出来ませんでしたwobbly なんとなくこんな感じかな~みたいな感じで製作・・・sweat02

組み込んでみましたscissors

15 16

ちょっと画像がボケてますがドンマイpaper

次にバージボード。

垂直に付くフィンの形状を変更。

17

そして組み込みます。

今日の248F1の製作はここまでにしましょう。余裕あればこの後72Dの製作へ。。。

かなりこの週末で進捗ありましたね。。。scissors

20

| | コメント (2) | トラックバック (0)

【Ferrari 248 F1 製作記⑪】

昨夜の作業を・・・。

08

駆り組みを繰り返し、オリジナルのパーツを検証。資料とつき合わせてIMOLAのパーツの形状を頭に覚えさせ、改造パーツをデザインしていきます。
画像はボディに付くオリジナルのパーツ。

先ず一度組み立ててみると、構成や形状をとても把握しやすくなります。

09 07

オリジナルパーツを取り付けて全体の雰囲気を俯瞰してみます。

組立て間違ってますけどね・・・sweat02ウィングレットの赤とカーボン地が逆・・・sweat01

仮製作なので気にせずgood 本製作で間違えなければ良いのですscissors

アンダートレイの裏側。オリジナルでは1枚仕立てのパーツ構成で、裏に車高調整のパーツが付くことになっていますが、jkはカーボン地でアンダートレイのパーツを作り興して2枚仕立てとしました。したがって裏返してもカーボンで黒くなっています。

そして、アンダーボディと云えば【Skid Block】(スキッドブロック)sign01 そう、昔M.SchuがBenettonで失格になったときに話題になったアレです。
殆ど話題に上がらないアイテム。しかも【木製】だけに、インテルラゴスとか路面がボコボコしてるコースでレースすると摺れて路面が茶色く汚くなるのが個人的に嫌いです・・・sign04
美しくない・・・。

もっと云えばチタンの摺り板(これはギアボックスの辺りに付いてましたね)で、火花散らして走ってた時のほうが個人的に大好きなんですが。。。エストライヒリンク(今のA1)の時なんか派手に火花上がってヨカッたな~shine

で、話題にあがることも殆ど無いパーツなので資料も無く、excel使ってイメージでパーツ作成scissors

厚みを考慮して3枚構成。

04

パーツの寸法さえちゃんと把握できれば、このパーツはexcelで直ぐに作れます。

「オートシェイプ」の図形を使ってガイドラインを創り、「塗りつぶし」→「塗りつぶしの効果」に木目のテクスチャが有るのでそれを利用。

出来たパーツを組み上げ。。。

05

アンダートレイ裏面に両面テープ(7mm)を使って接着。

06

手軽に出来るディテイルアップの工作としてお勧めですscissors

さて、今日日曜日も作業予定dash

また後程進捗UPします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月20日 (土)

【Ferrari 248 F1 製作記⑩】

この週末は集中して作業したいと思います。

今日もまだ製作続けてますが。。。

01 02

F Wingを組んで行き、カウル&Induction Podを接着。

ヘッドレストも接着。

だんだん「らしく」なってきましたね。

そして今年の鈴鹿&MSJの作品の方向性もほぼ自分の中で固まってきました。

未だ公表できるレベルではありませんが、Studyを開始しています。

段々製作に適した季節になってきますからペースを上げていかないとdashpunch

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月15日 (月)

【Ferrari 248 F1 製作記⑨】

ほんのちょっとの進捗ですがsweat02、Fウィングの翼舷を製作、取り付け。

アッパーエレメントを仮組みしてみました。

06

あっさりした感じですね・・。

ちなみに比較用に製作したオリジナルのウィング

05

2個並べてみました。

04

今度はノーズに取り付けてそれぞれのバランスを見てみます。

03 01

平日はほぼ帰宅が午前様、休日も予定びっしり、おまけに猛暑で全然製作進みませんが、今週末は頑張って製作する予定dash

鈴鹿&MSJ用の製作も順次始める予定です。

今回はオリジナルの新作は72D、そしてもう1台作ってみたいですね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 3日 (水)

【Ferrari 248 F1 製作記⑧】

久しぶりの製作記sweat02

週末から空いた時間を利用してコツコツとFront Wingを製作中。

03

何で何個も作ってるのか?って、一応意味有って複数製作してます。。。 まあ、だからペースも遅いのですが・・・sweat02

IMOLA仕様のFront Wingは翼舷と翼端版の形状が展開図とは違ってますので自分でデザインします。

05

翼端版です。違いが判るでしょうか?上から2番目が元々の形状、その他がIMOLA仕様です。

04

UP画像です。ちょっとピンボケ。

翼舷のデザインも済ませてPrintし、さあ組立てdashというところで形状間違いを発見impact

やり直しです・・・crying

気を取り直してノーズにエアインレット取り付けました。

02

シートも取り付け。

01_2

ハーネスが良いアクセントになってます。 因みにステアリングは脱着可能になってますscissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月10日 (日)

【Ferrari 248 F1 製作記⑦】

午後はシートの作成。

かなり細かい作業になりましたが、こういう手間が後に完成したときの自己満足度に大きく影響しますpaper

先ずは 【スケドーニ】、【タグ】、【FIA車検証?】の細かいもの。

06

全て別パーツ化し、えっじのリタッチを明るめにして浮き立つようにして接着。

バスタブの前方部分は勿論切り抜いて、且つ補強の為2枚重ね。

シートにシートベルトを組みました。

08 09

元々リアルな展開図のパーツでしたが、これで更に雰囲気が出て表情豊かになると思いますscissors

この後ノーズにバスタブを組んでステアリングの製作に入る予定でしたが、疲労と暑さでギブアップ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Ferrari 248 F1 製作記⑥】

茹だる様な暑さで、流石にエアコン無しの部屋では作業出来ず、場所を移しての作業です。

シートベルトの自作

02 04 01 05

画材店で購入したサテンリボンと紙のパーツの組み合わせ。

本日AMの作業。

これからコックピットの製作へ突入ですdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

【Ferrari 248 F1 製作記⑤】

今日も暑かったですねsweat01

折角の天気、朝からチビjkはおたふくの為自宅で静養。ただ、中途半端に症状が軽いので外で遊びたくて欲求不満気味annoy

jkは保育園へ行き、卒園記念製作の作業へ従事。子供達が木工遊びをするスペースの備品の改修をしています。

炎天下の中の作業でした。皆暑さでぐったり・・・。

01_2

これは廃材の木片入れの棚。他には作業台や道具棚を製作。スペースの基礎造り、脇に小川を新設と足掛け1年半。来週やっと全ての工程が終わりそうです。

さて、帰宅も夕方だったので今日のペパクラ作業は軽めpaper

昨日の記事で「コックピットを・・・」と述べましたが、早速シートベルトのパーツをデザイン&出力。

01_3

これは今回が初めてではなく、既にFerrari156/85やLotus99t(いずれも製作記参照ください)で 行った作業の応用で、その当時のパーツを多少モデファイして使用します。

しかしながら組立ては非常に細かい作業で神経遣うので、園の作業で疲れた今日はやりませんpaper

【metmania】masaさんの日記【たまにち】で、このブログ【Un chat noitr】の製作記事のことを紹介してくださいました。masaさん、ありがとうございます!いつもお世話になってばかりですんません・・・。

今週末にはコックピットを完成させたいですねdash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

【Ferrari 248 F1 製作記④】

 チビjkが金曜におたふく風邪発症down 朝「首が痛い」と申し出、微熱も有ったので学校を休ませようと提案も「絶対に行くdash」と気合で登校rock

なんでも給食まで頑張ったそうな(笑)。その後ダウン。。。 

予防接種を2歳のときに受けていたので症状はそれ程なのですが、今度はjkへの感染を周囲が心配し出し、jkも過去に予防接種受けていたのですが、念の為再度病院でワクチンを打ってきました・・・sweat02

明日はチビが卒園した保育園で一日園庭の作業。今週末は今日しか製作チャンスありません。

さて、前置き長くなりましたが④です。masaさんが展開図の全てのリリースを完了されましたfuji jkが待っていたフロントのアーム関係のパーツが揃ったのでノーズの製作に戻ります。

先ずはキール。フロントロアアームの形状を参考に独自パーツをデザイン。

03

ノーズを分割して製作してますので、前後の分割されたキールが必要。キールを接着後ロアアームを接着。アッパーアームは仮組です。

そう云えば、この頃は各チーム、キールのレイアウトにとても気を遣っていましたね。Ferrariの場合はオーソドックスにシングルキールを採用していましたが、フロントからノーズ下に取り入れた空気の流れを阻害するデメリットが有りました。反面、サスのレイアウトの自由度が有り、セッティングも幅広く出来ます。

対してMcl等はツインキール(Mclは後にゼロキールへと移行します)を採用。エアの流れのメリットに対してサスのセッティングの自由度が狭く、なかなかタイヤが温まらない・・・。当時MP4-20はこの問題をヨーロッパラウンドまで解決出来ず予選に苦戦していました。
スペインからは目覚しく早くなっていきましたが・・・。

ユニークだったのはRenaultのVキール。シングル/ダブルの美味しい所取りのアイデア。途中禁止されたマスダンパーと相まってとてもクイックなコーナリング性能を発揮してましたね。

横道逸れましたがsweat02、モノコック側にリザーバータンクその他を組み込んでいきます。

02 04

06

こんな感じです。

最近ホントに蒸し暑いですよねsweat02  jkの作業部屋にはエアコンがありません。家の中作業部屋だけエアコン無し。この時期からは暑さに耐えながらの作業です。気を付けているのは手汗。小まめに手洗いして、制作中の作品に影響出ないようにしています。

しかし今日の様に暑いとついボーっとして、ピトー管付けるのを忘れていたことに気付きましたdash

08

虫ピン3号を加工して取り付け。

これでノーズの改造作業は終了scissors

次回からはコックピット製作へ進んで行く予定paper

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧