« 【いきなりMP4/4 製作記⑯】 | トップページ | 自転車 »

2008年12月 6日 (土)

POWERED by HONDA

先週金曜に世界を駆け巡ったニュース。
皆さんそれぞれの受け止め方をされているようですね。

 僕の両親は独身時代にホンダのディーラーで勤務し、その頃に知り合い結婚しました。tちょうど第1期F-1の時期ですね。大袈裟な云い方ですが、【HONDA】の存在は僕がこの世に生を受けた理由の一端になっています・・・。
 幼い頃から慣れ親しんだ【HONDA】。いつも常に身の回りにホンダの乗用車やバイクがあり、父のクローゼットには【HONADA】のロゴの付いたアウターやらが一杯掛かっていました。

 僕がレースの世界に魅せられていったのも【HONDA】を通してでした。
最初は2輪から始まって、国内外のトップライダーに憧れ、その後国内でブッチギリのレースをする【HONDA】の中嶋悟にビックリし、少年の頃のウィングカー以来遠ざかっていたF-1の世界に興味が沸き、国内のレース雑誌での写真を食い入るように眺めてました・・・。

 その当時最も印象に残ったのが、本屋で立ち読みしたカーグラフィックの写真。'85のデトロイトGP。デトロイトのビルを背景にWilliams HONADAに鎮座するN.MANSELL。
 ノーズの【H】マークが誇らしく。そして常勝時代・・・。
 【HONDA】を通して日本の技術力の高さを感じ、自国の自動車技術をとても誇らしく思いました。

 今度の発表では【休止】ではなく【撤退】なんですね。

 経営上の判断ですから、その判断についてとやかく云う権利もないしそんな積もりも有りません。
ただ一つ残念なのは、僕もそうだった様に【HONDA】の活躍を通して世界に興味を持ち、世界で自分も戦いたいって思う少年達の【夢】みたいなものを抱く対象としての存在が、グランプリの世界の中で一つ無くなってしまったこと。
 上手く云えませんが、僕が少年だった頃の【HONDA】は世界を相手に戦う日本の代表みたいなイメージが僕にはあって、海外と関わる仕事に将来就きたいという自身の明確な目標設定をするキッカケになりました。

 厳しいF-1の世界で戦っていくことはとてもハードなことです。そんな世界でポルシェやルノーやフォード、そしてフェラーリというメーカーを相手に戦う【HONDA】がとてもカッコ良かった・・・。そして並み居る強豪を倒していく圧倒的な強さは日本人として誇りでした。

 【POWERED by HONDA】。当時この【by】が文法上の意味以上になんかグランプリの【支配】を意味している様に感じていたのは僕だけでしょうか・・・。

 今僕は偶然にも最も強かった時代のHONDAのマシンを製作しています。想い出のマシンです・・・。

 天国にいる本田宗一郎氏と中村良夫さんはどの様に受け止めているのかな・・・。 セナはギンザーは・・・。

 いつかきっと【POWERD by HONDA】がグランプリに帰ってくることを信じて待ちましょう。
僕はいつまでも待ちたい。そしてまた【HONDA】がサーキットで大暴れする光景を期待しながら待っています。。。

Pc030015

|

« 【いきなりMP4/4 製作記⑯】 | トップページ | 自転車 »

Formula 1」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1056325/26021946

この記事へのトラックバック一覧です: POWERED by HONDA:

« 【いきなりMP4/4 製作記⑯】 | トップページ | 自転車 »