【ペパクラ】156/85製作記

2010年8月30日 (月)

【156/85 製作記】あらためて完成

 昨日完成として記事UPしたときはヘトヘトの状態だったので今日はあらためて解説含め完成発表です。

P8100098_2

ベースKitはmasaさんの11b。改造の承認を快く下さったmasaさんに感謝ですweep

<ボディ>

・156/85に見える様にサイドポンツーン始めボディのあらゆる形状を変更してみました。あくまで自分のイメージを優先に・・・。カウルのフィッティングは密着度・隙間具合共にほぼ満足の行く状態になりました。逆さにしてもカウルが落ちませんscissors

・F・Rウィングは完全に作り起こし、masaさんのYahoo Groupのカーボンテクスチャを貼っています。
・前後ウィッシュボーンはオリジナルよりも細く形状変更し、フロントは取り付け位置を低く空け直し、付け根に金具を表現。プルロッドを前後追加し更にリアにはダンパーを自作。
・コックピットは可能な限り再現することに拘りました。シートは「バックスキン」っぽく見える様に【ふかふかシート】という紙を着色して使用。シートベルトはバックルをパーツ化し、ベルトはサテンリボンを採用。インパネを立体的にして、シフトノブはビーズアクセサリー用の金具を流用しました。個人的にこのシフトノブは気に入っていますgood
・ミラーは悩んだ挙句に綿棒の紙軸を加工してステーは虫ピン。これも巧く効果が出たなと自己満足sweat02
・給油口はエア抜きホースを釣り糸で表現し、なるべく立体的に仕上げました。
・ECU。上面は鉄筆でケガいて、横は紙を重ねて凹凸を表現。
・各所NACAダクトを再現、156/85の【トレードマーク】サイドポンツーン上面のルーバーはsinさんのB186のルーバーの手法を参考に開口。

P8100080 P8100078 P8100083 P8100091 P8100084

<エンジン&内部メカ>

・可能な限り表現してみました。ほとんどのパーツを自作しています。アクセントで【温度計】のパーツを貼ってみました。
・べリスコープはもちろん開口。
・ラジエーターはロゴを加えてアクセントをつけてます。
・アンダーパネルの反射板とエクゾーストの上部遮熱版は【Marlboro】のタバコの銀紙を貼ってみました。エクゾーストパイプは綿棒の紙軸です。
・サイドポンツーンの前面には虫ピンの軸を使ってキャッチワイヤーを表現。

P8100089 P8100088 P8100092 P8100095 P8100094

<タイヤ>

・スポーク部分を自作デザインし、ナット部分は別パーツ化しましたがあまり目立ちませんでしたね(笑)sweat02
・Fタイヤはリム部分をパーツ化。つまりRタイヤと同じパーツ構成にしています。
・サイドウォールに「→」をターナーの「プラチナホワイト」で手書きました。ちょっとBosicaちっくに・・・笑。

P8100086

以上ですが、未だ記述し忘れている部分も有る様な・・・sweat02。とにかくとことん手を加えてとことんパーツ化したので・・・。写真UP時には付けてませんが、ギアボックス上のオイルクーラーとFタイヤのブレーキダクトもパーツ化してます。
エンジンパイピングは後程Try使用と思ってます。が、程々に。
一応【San Marino GP】仕様をイメージして製作を進めましたので、ヘッドレストを付けなくてはいけないのですが、これも後程対応と云うことで・・・wobbly

P8090120

親戚筋にあたる126C2とのショット。

P8090118

そしてベースKitとなった11bとの【親子】ショットgood
ホイールベースは11bより5mm程長くなりました。

歴代Ferrariの中でjkの大好きなマシンの156/85。
やっと自らの手で作品として形に出来ました~。(でも疲れた~sweat02

| | コメント (7)

【156/85 製作記⑨】~完成~

 遂に1号車が完成しましたscissors

ベースKitにmasaさんのFW11bを使用させて貰い、NbbyさんとBosicaの作風に憧れHG化に挑戦dash

現在までのjkの持てる技術の全てを注ぎ込みました。。。

P8090124 P8090116 P8090108

昨年11月に製作スタート。

ルーバーの開口表現やFタイヤ、シートベルトの作成、NACAダクトなど殆ど全てのパーツに手を加えています。
課題のカウルフィッティングほぼ満足のいく出来good

ま、改造箇所についてはまた別途詳しく述べます。

今日はもう疲れた~down

さて次回からFponに集中します! 既にDocomoは8割方出来ていますがペースアップしなければpunch

ちなみに今回のFpon製作ではブリヂストンのタイヤを初製作ですね。

ということでこんなことをやってみました。

P8010076

GY・BS・PIの勢揃いですscissors

画的になかなか良いですね~。

 

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

【156/85 製作記⑧】

 いよいよカウルのフィッティング作業に入りましたgood

べリスコープ、ECUを位置決めしてから接着固定し、各カウルを合わせてみます。。。 仮組みを何度も行っているのでカウルの合いはほぼ納得の行くレベル。エンジンカウルの「合い」にほんの少し隙間が出来ますが限度OKということで・・・。更にべリスコープとECUが適度に「固定チャック」の役割を為しているので、カウルを装着した状態で逆さにひっくり返してもカウルが落ちる様なことはありませんgood

P7150075 P7150076 P7160090

 この後ギアボックス、オイルタンク、Rウィングの基部を接着。全体のバランスを確認。 ほぼ自分のイメージしたとおりのボディラインと仕上がりになってくれましたscissors

 タイヤの作り直しをしてミラー創れば、あとはもうどんどん組み込むだけで1号車は完成しま!

 2号車のパーツは1号車と平行して製作していたから、1号車が完成したら2号車の組み込みをする積もり。2号車は出来上がったパーツをアッセンブリーするだけだから、ファクトリーのメカニックになった気分で楽しい作業になるでしょうね~。

 156/85の次はmasaさん依頼の製作を控えています。今回の製作はとにかく綺麗に丁寧に仕上げることがテーマ(ま、いつもそうですが。。。sweat02)。
 ただ、改造等は一切無いので気分的にはとても楽ですshine

| | コメント (0)

2010年7月28日 (水)

【156/85製作記⑦】

 さして変わり映えはありませんが、タイヤが完成したので仮組みして車高やバランスを見ています。

P7090152 P7090154 P7090155

フロントタイヤはリアタイヤと同じパーツ構成に改造。但しホイール幅は狭めました。
それとセンターナットは別パーツ化しました。

P7070146

あまり目立たない部分ですが、見た目の印象は引き締まってくるので・・・。

ここでタイヤに重大なミスを発見down 2セット造った故の失敗ですが、ま、致命的な失敗でもなくもう1セット造れば問題無いので・・・、しかし、製作中の1号車、2号車の完成はこれでまた遠のくな~down そして3セット目のタイヤを作る以上は「3号車」の製作も自動的に遣らざるを得ない訳で。。。 いずれにせよこの156/85、何台かは誰かに贈呈しようと思っているので今後も細々と製作は続けていきます。

それにしても幾ら改造製作とは云えいろいろとパーツを細かくしすぎましたね~(笑)。

まだまだ小物のパーツ製作が終わりません!パーツ管理と工程管理も結構大変sweat01 2セットづつ造っているのもなかなか進捗しない理由ですが、もうこの際何セットもパーツ造って於いて専用トレーに小分けして保管管理し156/85のファクトリーの様にしてしまおうかッimpact とも思って(MP4/4のときもそう思ったな・・・sweat02)ます。

タイヤ仮組みの合間にRウィングのエレメントも製作。ECUも完成。隙間の時間を小物パーツの製作に充てます。

今後の小物パーツ製作最大の難関は・・・「バックミラー」sweat02 アイデアは浮かんでますが・・・。

さて、週末は実家でチビと一緒に【石窯】創りですgood

こちらも頑張らねばdash

| | コメント (0)

2010年7月19日 (月)

【156/85 製作記⑥】

 さて、更新です!paper

この連休は例の如く予定ぎっしりsweat02 初日は卒園した保育園に行き来週に控えた卒園児の同期会の打ち合わせを先生達と。。。jk、今回の運営責任者でして・・・sweat02 そのまま午後はファミレスに場所を移動して関係者打ち合わせ。帰宅は夜・・・。

今日は早起きしてチビと公園でサッカー。その後青葉台へ買い物。戻って直ぐに桜台公園の夏祭りへチビと直行dash 更に帰ってきてから横浜の花火大会へ行きました~。

P6300156                                                  

観覧した席も絶好の位置で最高でした~good

で、156/85。

前回までに紹介した創り込みパーツとその他作りこみのパーツをアッセンブリーしていきます。

P6300166 P6300167

大分雰囲気出てきましたね~って自分で云うのも変ですがsweat02

ギアボックスとタイヤ、ロールバー、それとFウィッシュボーンは仮組み状態ですがエンジン周りは全て組みあがってます。

P6300171 P6300169 P6300170

ちょっとしたディテイルUpとして【温度計】をパーツ化。エアチャンバーやラジエーター、インタークーラーに貼っています。

パイピングをしようかどうか思案中。。も、このままであまりゴチャゴチャさせない方がいいかな~とも・・・。

何か支離滅裂な感じですが、完成に向かってがんばりますdash

| | コメント (2)

2010年7月16日 (金)

【156/85 製作記⑤】

またまた更新が空きました。。。 でも製作は進めてますぜ。

今回はギアボックス周辺の作り込みをpaper

ギアボックスはこれまでの試作を更に形状変更しました。というのも、前回の記事で述べたお台場のミニカー屋さんで洋書にある156/85のギアボックスの写真を発見してしまったもんですから・・・・sweat02

上下のウィッシュボーンは細くデザインし直し、スプリング&ダンパーユニットを自作。
工法はというと

P6200120

画像では判り難いかもしれませんが、綿棒の芯を筆ポスカの銀で塗って、適当な長さにカットします。 そして約1mm幅にカットした紙(0.19mm)をこれまた筆ペンのブルーグレーで塗った後に斜めに巻き付け接着します。

P6200115 P6230122

仕上がりはこんな感じ。これを2台分計4本作ってギアボックスに接着。上部には取り付け金具(ですかね?)を取り付けて完成scissors

P6230124

次にエアチャンバー。Wil 11bでも苦労したパーツですが、「それらしく」工作。

P6160107

タイヤは2台分8個を一気に進めますdash 今回タイヤの製作はおなじみの【アンコ法】に加え、ホイール部分の描きこみとFタイヤの改造を行っています。

P6090103 P6160112

ドライブシャフトは平行製作中のsinさんのB186のパーツの出来があまりにも素晴らしかったので、根元の部分の描きこみに若干の変更を加え流用させて貰ってます。

P6230125

この様に【パーツの相互融通】が容易に可能なのもこの【プチF】シリーズのメリットですね~good

さて、仕事に加えて卒園した保育園の行事参加等で何気に忙しい日々を過ごすjkですがsweat02 あと一息、頑張ります。

次週からはプチFポンにも着手しますpunchdash

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

【156/85 製作記④】

 画像的にはそんなに進捗無いのですがsweat02、一応製作記進めます。

P6040076                                                  

今回はサイドポンツーン内部のパーツを組みました。それとフロントのウィッシュボーンを一部組み立て。 コックピットには消化ボンベを組み込んでます。

P6010077                                              

コックピットはステアリング組んだら作りこみは終了。結局この部分だけで30個近くのパーツになってしまった・・・sweat02

他に周辺の細かいパーツはどんどん進めてまして、タイヤ製作にも一部着手しています。

今のところ本製作は2台。平行作業。1つ1つのパーツに費やす時間と仮組みと検討の時間の長さが製作スピードの遅さを招いてます。

そしてこれからは暑くもなってくるので湿気と手汗にも注意しないと・・・sweat01 特に手汗は細かい作業やる時に要注意。今春にチビjkと部屋を交換しエアコンの無い部屋へ引っ越したので、この夏(冷夏だって云うけど)、製作意欲が沸くかどうかちと心配。

そう云えば今日、チビjkとトレッサ横浜へ行ってきました。TAMIAYAモデリングファクトリーに行ってみたら、Lotus79の製作口座の真っ最中dash ガラス張りになっているので某調理教室の様に外から様子を伺えます。

 あ~、オレも参加したいな~・・・wobbly 何か最近は1/20が盛り上がってるし、コンプレッサーとかも物凄くコンパクトになっとるし、ストックしてるキットも結構あるし・・・shock 久し振りにプラモ作って見たいな~。

 

| | コメント (2)

2010年6月14日 (月)

【156/85 製作記③】

 前回の更新から1ヶ月が経ちましたが、全く製作していなかった訳では無く更新していなかっただけで・・・sweat02  というのも6月から職場環境が変わり生活のリズムも若干変化したので、ペースを掴むまで更新も控えていました。

 さて今回の更新まで何をやっていたのかと云うと、本製作の開始。取り敢えず2台。そして今回の製作でのメインテーマの一つ「コックピットの創り込み」をコツコツと進めました。

先ずはシフトノブとコクピットのサイドパネル。

これは以前にも簡単に紹介はしていましたが、試作段階からはもう一歩踏み込んで、シフトゲート横に有るシャシープレートを再現してみました。シフトノブは近所の画材店で見つけたビーズアートのものを流用。

P5130084                                                 

かなり細かい作業にはなったけどシャープな雰囲気は出せたかと・・・。

次に、このマシンの特徴の一つ【ルーバーダクト】。ここの工作はsinさんのB186方式を採用しました。

P5080126 P5080128                                       

切り込みと折り筋を約1mm間隔にして1mm幅の部分を折り曲げていくのですが、かなりキツイ作業でした。。。 この作業用に長年愛用したTAMIYAのピンセットのピン先を金目ヤスリでで研いで精密ピンセットに改造し、普段使い用に新たにTAMIYAのピンセットを購入。

ノーズのNACAダクト。

P5240080                                                        

ルーバー工作の後だけに楽勝scissors ダクト部分を開口して裏から壁付きの蓋をしただけ。

さあ、上記のシフトノブと話が前後しましたが【コックピット】。この製作は素材の吟味や空想妄想工作の実現の連続でした。

P5260080                                                    

先ず素材の話paper この画像の素材は「ふかふかシート」という【紙】です。伊東屋で発見。フェルトに良く似ているので購入。たしか475円。Ferrariのユニークなアイデンティティの一つ、【スケドーニ】のシートの再現に使用。この紙に出会うまでは、常々画材店に行っては【里紙】やその他の紙を物色し「どれが一番シート表現に近いか」と思い悩んでいましたが、この素材の発見で一気に解決good

製作はドライバーシートの型紙をこの紙の裏に糊付けしてから切り取ります。「ふかふかシート」は茶色が無いので、発色を考慮してピンクの紙をベースにしてリキテックスの「狐色」を筆塗り。塗りが乾いたらパーツを折り曲げます。

P5280101                                                   

こんな雰囲気に仕上がりましたpaper この工法は他のマシンのシートにも使えそうですgood

そして次は【シートベルト】rockdash                                        

このパーツも以前からやってみたかった工法に挑戦dash 伊東屋で極細サテンリボンを購入。265円。金具部分とショルダーパッドを紙でパーツ化し、あとはただひたすら細かい作業に没頭するだけ・・・笑sweat02 すげー疲れた・・・down

P5250075 P5260078 P5270082                            

1/20等のプラモやレジンの世界では3rd Partyのメーカーからエッチングのパーツのセットが出てるのですが、 これと同じこと【紙~ペパクラ~】でやるとエラい大変で根気が要りますcrying 当初はハーネス部分も【紙】の帯で考えていたのですが、たまたま極細のサテンリボンを見付けちゃったので・・・sweat02 でも出来は満足good

さあ、このシートベルトを先に製作したシートに組みます。

P5280105 P5280106                                         

出来ました、疲れました・・・笑。

【インパネ】。

資料写真を見ながらそれっぽくデザインし、流用元の11bのパーツ構成を変更しインパネを独立させた構成にしました。更にアナログメーターの外円を細い帯状の紙で囲って立体感を出してみましたが、これはオーバーだったかも・・・sweat01

P5280108                                                 

最期にアッセンブリーです。

バスタブパーツにサイドパネルのパーツを取り付け、そして左背面に1mm穴を空け、「ドリンクコード」か「無線コード」か未だに判らん白コードを取り付け、バスタブにシートを接着。
接着が乾いたらノーズに接着します。

P5280110 出来ました。

その他にはアンダートレイにたばこの銀紙を接着。

P5260077                                                 

これも模型の世界では定番工作ですね~。 流用してみました。

他にパーツの切り出しやエンジン、ミッションも製作進んでいますgood まだまだ5割程度の進捗ですが、地道で丁寧な作業を続けていこうかなと。。。

                      

| | コメント (0)

2010年5月14日 (金)

【156/85 製作記②】

 P4290087 P4290091 P4290085 P4290088                        

FW11bをベースキットにTry&Errorを重ね、試作品の大まかな仮組みが済みました。

11bの改造を快く了承戴いたmasaさんに感謝です!! ホントにありがとうございます。

サイドポンツーン上のルーバーやバックミラー、その他未だ創れてないパーツも沢山。

更に仮組みしてみて、修正すべき点も満載・・・sweat02 ここまで3台ホワイトVer.で試作しましたが、もうかなり修正を繰り返してきました。 でも色を付けて試作すると更に不具合・修正点見えてきますね~。 修正点を書き出してみたら20箇所以上になった! ま、デフォルメなので何処で着地点を決めるかは自分次第なのですが。。。 トコトンやるか軟着陸しちゃうか・・・笑。

P4280090                                                 

カウルは脱着式で、エンジン含めた内部メカも出来る範囲で再現。 エアチャンバーやターボ&エキパイその他いろいろ未だ創り込めておらず。。。

HGでの課題はカウルの合い具合sweat01

左右サイドポンツーンの合いはバッチシscissors エンジンカウルの合いはイマイチsweat02 
しかしこのあたりの問題点にはアイデアが有るので解決できるかなと思ってます。

画像のドライバーシートは仮パーツ。ここにもシートベルトと並んでアイデア盛り込む予定paper

F/RウィングやRウィングステーは勿論カーボン地肌。Bosicaっぽく、【いかにもカーボン】みたいなちょっと大袈裟なパターンの演出です。
P4260080                                                   

ちなみにFウィングエレメントは後退角の付いたものと(主に後半戦仕様)スクエアのもの2種類をデザイン中。本製作に入ったら前半・後半の気が向いた方を作れる様にと・・・。

タイヤにも一工夫。フロントホイールのリム部分はリアと同じ構造にしたかったのでリアのパーツを縮小して流用。 ただ、もっとリムを浅くしなければならないので修正は必要ですが・・・。

サスアーム類は細くしています。この時代のサスアームに対する空力的アプローチは「細くすること」でしたので、それに沿いました。 付け根のパーツは自作別パーツ化して再現。このあとブレーキダクトを追加予定。 アップライトは創ろうか否か思案中。。。。

インパネも創ってないな~sweat02 ウィンドシールドも。。。 シフトノブは以前の記事でも紹介した街のクラフトショップで見つけたもの。良い感じgood

 このマシン、シーズン前半の好調期から後半に向かってアップデートが改悪になっていくという展開になり、アルボレートがチャンピオンを取り逃がすという結果になりました。。。sweat02 そのアップデートが激しくて、今、当時の資料を集めるとホントにいろんな仕様があって収拾付きません・・・weep

でもB186の脱線企画sweat02から始まって約1ヵ月半でここまでこれましたねgood。 以前のMP4/4のときは完成まで半年以上も掛かってしまって、最期には自分の製作意欲を維持するのに苦労しました(笑)。今現在はKyojiさんがMP4/4に関わってくれてます。これまた感謝感謝です。 

 さて、試作を早く終わりにしないとッsweat01 本製作に入るのが楽しみsoongood。                                                

| | コメント (2)

2010年5月 1日 (土)

【156/85 製作記①】

 一応カテゴリー分けしました。完成までいけそうな雰囲気になってきたので。。。笑。

昭和の日にタイヤをテスト組み。

P4150050 P4150051                                        

この時代のスクーデリアのホイールは金属の質感を紙でどう表現するかが課題になりますね。 126C2でもmasaさんが色見で苦労されたのではないかと察しました。

一応考えてみてPOSCAのシルバーで【塗り】で表現という方法を採ってみました。テスト組みなのでもう片方は126C2と同じ色。 双方のテストタイヤをシャーシに仮組みしてバランスを見てみようと思っています。 ちなみにロールバーも同じ方法論で検証予定。

さらにタイヤの製作にはちょっとアイデアがあってそれも試作中。

ちなみにB186のPIRELLIタイヤも同時に製作に入ってますscissors

この156/85用試作タイヤは検証終了後は【ダミータイヤ】として今後のプチF製作に活躍してもらう予定flair 従ってたとえ試作品と云えども製作に手は抜きませんdash

アンコ法は勿論リタッチも施して仕事キッチリgood

そんでもって実は先日の休日と会社帰りを利用して南青山の【Make Up】さんと中華街の【BARACCA】さんへ行って来ましたscissors

【Make Up】さんは勿論Bosicaの156/85を観に。

P4140048

もう10年以上前から何度か脚を運んでいますが、美術館の様な佇まいにはいつも感動し、ショーケースに並ぶ宝石の様なミニカーに感動し、憧れのBosicaに心洗われ・・・。

ダメ元で店員さんに「Bosica」の写真撮っていいですか!って聞いたら快くOK。感ど~crying

P4140037                                                       

勿論フラッシュなんて焚きませんッgood

翌日チビjkと共に中華街の【BARACCA】さんへGodash

 お店へ行ったのは約3年振り。実はチビは店長の南口さんとスタッフのお姉さんにはとてもお世話になっていて、縦横無尽に店内を動き回るチビにいつも笑顔で優しいお二人。時にはお土産をくれたりチビの話も優しい笑顔で聞いてくれ、チビも南口さんとお姉さんが大好き。凄く素敵なお二人です。

今回もお店に入るなりお二人が笑顔で迎えてくれましたshine。 以前来店したときは「マッサマッサ」と連呼していたチビjkを覚えていてくださって感動・・・crying

お二人の優しさほどにjkはお店の売上に貢献していないのがヒジョーに心苦しいのですが・・・sweat02

ホントにいつもありがとうございます。

南口さんの作品は芸術品の域に達するレベル。各雑誌等でも彼の作品を良く見かけます。 F2007のステアリング脱着製作なんて涙モンです!店内のショーケースに並べられた作品を観るだけでもこれまた感動。

さて連休に突入しますがどこまで製作が進むか・・・。お店見学がキッカケで今以上に製作意欲が上昇~dash 

しかしスケジュールは非常にタイトだけに・・・sweat02

| | コメント (0)